肩こり指圧ボディケアで指名を増やすやり方

 

こんにちは。

治療家セミナー
指圧マッサージ・ボディケアセミナー
2つのセミナーを主催させて頂いております甲地直矢です。

 

 

先日、指圧マッサージ・ボディケアセミナーに参加されている方がこんなことを・・・

 

 

「甲地さん、セミナーでやったことを現場で試したら
 お客様の反応がよく指名が増えだしたんです。」

 

 

島根県から参加している、女性セラピストの方は

 

「私だけ朝から指名の予約でその日、休憩がとれないくらいでした。」

 

 

本セミナーに参加している方、皆さん本当に頑張っているんです。
そして、施術結果が出ていますね~。

 

 

今度、参加している人の感想をご紹介したいと思いますが、

セミナー参加者全員の技術レベルの底上げが出来ている感じ(^^)

 

 

よく聞いてくださいね。

 

指圧マッサージやボディケアの手技って

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

いきなり施術レベルを上げることが出来る手技なんです

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

たとえば、治療系の技術を比較してみると。。。

 

・操体法

 

・AKA

 

・筋膜リリース

 

・カイロ

 

・SOT

 

・活法

 

などなど、治療技術がありますが、

 

 

「痛みが取れるか、取れないか?」

 

 

で患者さんの判断は決まります。
しかし、指圧ボディケアは、こういった以下の要素も含まれています。

 

・満足度

 

・気持ち良さ

 

・ツボの捉え方

 

・圧の強弱

・リラックスタイム(癒し)

 

・接客

 

これらって「相性」「好み」の問題で分かれることがあるんですよね。

 

 

要は、治療系は痛みがどうなるのか?とした
はっきりしていた答えなのですが、

 

 

指圧ボディケアの手技は、
人の好みも多く含まれるため定義が曖昧な部分もあるわけなんですね。

 

 

なので、指圧マッサージやボディケアの手技で支持を得るには

 

 

 

お客さんのニーズと合っているかどうかということ。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

がと~っても大事なポイントになるわけです。
現場を考えてみましょう。

 

 

ほとんどが「肩こり」主訴ですよね?

 

 

 

この時に、そのお客さんは肩のどこを多くやってほしいのでしょうか?
その人の好みはどうなのでしょうか?

 

 

Q: 例えば、肩甲挙筋の上角部分、肩甲骨側なのか?

 

Q: 斜角筋部分、首の付け根部分なのか?

 

Q: 僧帽筋の停止の部分、肩の真ん中くらいなのか?

 

Q: 後頭骨をやってほしいのか?

 

Q: 全体的に押してほしい人なのか?一か所に集中して拇指圧を繰り返すのが好む人なのか?

 

など、好みを知る事なんですね。

 

 

目の前のお客さんのニーズを知り
満足度を高められるかどうか?

 

 

 

特に、肩こり施術で、指名を増やすために
提供したいポイントになるので、考えてみましょう!

 

————————————–
指圧・ボディケアセミナー体験講座

3月13日(水)13:00~16:00 残席6席⇒残席3席のみになりました!

3月28日(木)13:00~16:00 残席7席⇒残席3席のみになりました!

3月31日(日)13:00~16:00 残席7席⇒残席5席!

 

【場所】
JR東京駅から1駅の神田駅から徒歩3分
参加者に詳細をお伝えします。

 

【参加費】
¥3.000円(税込)
再受講: 同額の¥3.000円(税込)

【お申し込み】

こちらからお気軽にどうぞ!
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSjxiHSm

—————————————————-

 

甲地直矢

 

〇【お問い合わせ・ご相談】

甲地 直矢の気軽な連絡先 ⇒ nao.yano@hotmail.co.jp