強揉み対策の指圧・マッサージの方法とやりかた

 

現場に入ると、どうしても避けては通れない

施術者の大きな課題でもある

強圧。

 

 

「どれくらいの圧を入れたらいいの?」

「今の圧の強さで良かったのかな」

 

 

色々と圧の強さのことで、悩みはあると思うんですね。

 

 

お客から、圧の強さを求められたときに、

既に、思いっきり圧を入れている状況で会ったら

 

 

「もう限界だよ」

 

 

と思う時もありますよね?

 

 

自分のキャパ以上の圧の強さを求める

お客様を担当する時があるのです。

 

 

前回は、その強圧をするときのコツを考えていきました。

実は、強い圧を入れようとしたい時には、

 

 

 

施術者は、脱力をすることなんですね。

 

 

身体の力を逆に脱力すること。

 

 

この脱力。

むずかしいです・・・。

 

 

 

自分があおむけに寝て、身体を脱力と言われても

なかなかできません。むしろ、意識すると力が入りませんか??

 

 

 

出来てくるのもやはり数をこなすこと。

身体を脱力しながら

押している指に全体重が乗るようにしていきます。

 

 

 

そして、押している時間もコツの中の1つです。

 

人間が押されているという意識は

押している時間を長くしていくことで

押されている意識が高まります。

 

 

 

要は、施術を受けている人の脳に

「押されている」

 

 

という意識にもっていけばいいわけです。

 

 

パッパッと早い施術だと

表面的な圧しか浸透しません。

 

深部まであなたの圧が行き渡るイメージで押していくと良いですよ(^^)

2月の体験講座、すでに、枠が3席のみになりました。

————————————-
指圧・ボディケアセミナー体験講座

◎ 2月13日(水)13:00~16:00 残席3席になりました。

【場所】
JR東京駅から1駅の神田駅から徒歩3分
参加者に詳細をお伝えします。

【参加費】
¥3.000円(税込)
再受講: 同額の¥3.000円(税込)

【お申し込み】

こちらからお気軽にどうぞ!
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSjxiHSm

—————————————————-

 

☆ 技術講習を外注化したいと考えている方へ。
システムについて、折り返しご連絡させていただきます。

お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ。

⇒ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvJqOylTsEvm