赤字は、過去のはり灸あん摩マッサージ指圧の国家試験に出ていた箇所なので覚えておくと便利

あん摩の基本手技

1)軽擦法  2)揉捏法  3)叩打法  4)圧迫法  5)振せん法  6)運動法  7)曲手

 

軽擦法

術者の治療部位に密着させなでる。さする。の手技

作用:弱い軽擦法は爽快な感覚・強い軽擦法は新陳代謝と鎮静作用 

 

 

1)手掌軽擦法

手掌全体で軽擦をする手技。

対象部位:肩上部・頭部・上肢・背部・胸腹部

 

2)指腹軽擦法

四指の掌面を用いて軽擦。

対象部位:頭部・頸部

 

 

3)指端軽擦法

指の端で軽く皮膚をなでる手技

 

 

4)二指軽擦法 ☜ 国家試験に出やすいので覚えておくといいかも!

拇指と示指を用いて治療する。

対象部位:上肢・下肢

 

 

5)拇指軽擦法

対象部位:顔面部

 

 

6)四指頭軽擦法

対象部位:顔面部・背部・足背部

 

 

7)指顆(しか)軽擦法

片手の四指を握りその指背部で施術部を軽擦する手技。

対象部位:背腰部

 

 

揉捏法

筋肉をこねる。つまむ。絞るように揉む手技である。

筋組織の循環を良くする。新陳代謝を良くする。栄養を高める。機能を盛んにする。腹部は胃腸の循環機能を高める。

 

1)手掌揉捏法

対象部位:背中・下肢・胸腹部 ☜ 下肢は対象で上肢は対象外!

 

 

2)把握揉捏法

四指と拇指で強く握り、絞るようにしながら筋肉の走行に沿って揉んでいく。

対象部位:肩上部・頸部・上腕・下腿部

 

 

3)拇指揉捏法

拇指で筋肉を輪状に揉んでいく手技。3~4回揉むと拇指の位置を変えて次々と筋肉の走行に従い揉んでいく。

対象部位:ほとんどの部位

 

 

4)四指揉捏法

拇指以外の四指でその掌面で揉んでいく。

対象部位:頸部・肩上部・上腕・大腿・頭部・手背部・足背部

 

 

5)手根揉捏法

対象部位:背部・下肢・頭部・臀部

 

 

6)櫓漕(ろとう)揉捏法

両手掌を治療する部位を挟み込み「きりもみ」の用にして揉捏をして行く手技  両手を使う・きりもみ

対象部位:腹部・腰部 ☜ 腹部に使用する手技は?的な問題は良く過去の国家試験に出題されています。

 

7)錘状揉捏法

両手掌を治療する部位を挟み込み「きりもみ」の用にして揉捏をして行く手技 ☜ 両手を使う・きりもみ

対象部位:上肢 ☜  上肢は錘状揉捏法!

 

 

8)鋸切状揉捏法

両手掌を並べて、掴み込むようにして左右交互に動かしながら移動していく手技。

 

叩打法

作用: 神経や筋の興奮を高め、昨日を更新させる。

 

1)手拳叩打法

小指で叩く手技。

対象部位:肩上部・背中・下肢  下肢のみ!上肢は適応外。引っかけに注意。

 

2)切打法

小指で叩く手技。

対象部位:肩上部・背部・上肢・下肢

 

3)指頭叩打法

拇指以外の四指の指頭で叩く手技。

対象部位:頭部・顔面・腹部

 

4)合掌叩打法

小指側で叩く手技。

対象部位:肩上部・背部

 

5)宿気打法

手背で叩打する手技

対象部位:頭部・肩・背中・下肢