こんにちは。

あん摩マッサージ指圧師・クイックマッサージに携わるセラピスト・整体師を対象とした

指圧マッサージボディケアセミナーを主催している甲地直矢です。

WEB SITEはこちら

http://xn--2401-ku4gk30nbuco8b.com/

 

自分の手技に自信が持てない・・と思っている施術者は少なくありません。

これは、甲地が今まで出張講習や、セミナーを通じて

多くの悩みを聞いて、それらを解決してきて思う事なんです。

 

 

「本当にこれで良いのかな?」

「もっといい方法はないのか?」

 

 

つねに、施術者は思っています。探しているんですよね。

いいと思ったものに対してはやってみます。

 

 

正直、指圧マッサージ・ボディケアの手技は難しいです。

手技的に簡単です。だって拇指で押して行くだけですから。

 

 

そして、癒しの部分もあるため、軽く見る施術者もいることは否定できません。

しかし、私たち指圧マッサージの手技をおこなっている貴方なら

この難しさは重々理解していると思います。

 

 

指圧マッサージの手技は、上達に年単位がかかりますよね?

先ほど、拇指で押すだけと記しましたが、とんでもない。

年単位の難しさなんです。

 

 

そして、その期間は「自分の手技はこれでいいのか?」と

自分に問いただす毎日です。

 

 

先ほども記しましたが、指圧マッサージの手技は癒しの部分もあるため

手技の練習やセミナーなどは、施術を受けてみての感想を施術を受けた人に求めることがあります。

 

 

しかし、受けた感じなんて皆が同じことを言うのはあまりないわけです。

感覚ですから。。。数人は同じ意見でも何十人となれば

意見はバラバラになります。

 

 

なので、指圧マッサージの手技の練習において大事な事は

 

受け手の意見をまともに受け付けないこと。

 

が大事になります。多くのセラピストや指圧マッサージ師は

受けた人の感想を大きな判断材料とする傾向があります。

 

 

そして、良ければ施術に使うことだってあります。

本当にそれでいいのでしょうか?

 

 

何故、甲地はこんなにも、そういった練習方法に対して否定をするのでしょうか?

それには、感覚とか以前に、技術向上に対しての大きな落とし穴があり、

そういった感覚的な意見を聞きながらの練習は、余計に技術向上を遅くするからです。

 

 

指圧マッサージの手技で誤った練習方法とその理由

 

指圧マッサージの手技向上では練習が不可欠。

しかし、練習方法を誤ると余計自分の手技に自信が持てなくなるのをご存知でしょうか?

 

 

甲地が主催させていたただいております指圧マッサージ・ボディケアセミアーでは

何故、参加者がセミナー期間中に大きなレベルアップが出来るのか?

 

 

甲地のセミナーは、地元に帰っても同じような練習が出来るように

様々な「仕掛け」が用意されているんですね。

 

 

 

例えば、普通セミナーって自分が聞いて「学ぶ」だけですよね?

甲地の指圧マッサージ・ボディケアセミナーはわざと受け手に「教えます」

 

 

えっ!?学びに来たのに教えるの?

 

 

と思うかもしれません。もちろん学ぶために教えるんです。

セミナーは、インプットする場なのですが、指圧マッサージの手技は

じつは、インプットだけでは理解したと思っても理解できないものなのです。

 

地元に帰ったら「これで良かったのかな?」という考えになりやすいです。

 

 

 

なので、わざとアウトプットさせるためにパートナーに「教えるんです」

甲地がいるので大丈夫。何かあったら私がサポートするのは当然ですから。

 

 

教えていくアウトプットを繰り返していくと

自分の悪い欠点や改良点が自分なりに見つかりやすくなります。

 

 

受け身から自分で探すようになるのです。

 

 

そして、問題の練習方法ですが、絶対に受けての意見をうのみにしないでください。

ですが、うのみにしていい意見があります。それは、

 

 

 

受け手の人の意見が、指圧の基本や解剖の筋肉に乗っ取った意見であれば良いです。

 

エビデンス(理論)なくして技術の向上はあり得ません。

結果、多くの人が受けての人のエビデンスのない意見を聞いているため

いつまでたっても、これで良いのかな?と思っているんです。

 

 

 

受け手になるのであれば

筋肉の起始・停止の指圧ポイントや圧のベクトル・拇指圧の基本くらいは

しっかりと染みついているうえで技術的な意見を言うべきです。

 

 

何で筋肉が緩むのか?

何で上手くなるのか?

 

理由がなくて出来ることではないのです。

 

 

受け手を使わずに、指圧マッサージの手技で自分自身で上手くなる方法があります。

 

何だと思いますか?動画でレクチャーしました。

自分自身で指圧マッサージの技術が上手くなる方法です。

 

このようにしてみてください!

☟             ☟

 

指圧マッサージボディケア本コース6月スタート

勝手に強圧になる?ドンドン筋肉が緩む?痛みに効果的なリラクゼーションの方法?

体験講座をおこなっております。先ず、どんなことを行うのか?参加して感じてみませんか?

【 開催日 】

(スカイプ体験講座日) 5月  3日(木) 満員御礼

5月 8日(火) 残席1席のみ!

5月 9日(水) 満員御礼

5月22日(火)

5月24日(木)

5月27日(日) 残席2席!

【 時間 】

10:00~12:30

【 場所 】

ほぐし職人学院・神田校

東京都千代田区内神田3丁目17番8号
小山第1ビル602号室

http://sohgs.com/pc/access/

【 参加費 】

¥3.000円(税込み)

【 お申し込み 】

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvJqOylTsEvm

甲地の指圧施術とマンツーマン指導であなたの手技を劇的に向上させる講習会

甲地の指圧施術とマンツーマン指導であなたの手技を劇的に向上させる講習会

内容を確認したい人はこちら

⇒ http://youtsu-24.com/%E6%89%8B%E3%82%8F%E3%81%96%E4%BD%93%E9%A8%93%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9/

 

 

筋肉のどこを指圧していくと緩みやすくなるのか?

 

筋肉を緩めるために、筋肉を指圧することはイメージしやすいですが、

筋繊維のどこを指圧マッサージしますか?

 

 

起始部ですか?停止部ですか?両方ですか?

と言う事なんです。

 

 

経穴でも、筋肉のどこのポイントが経穴なのか?

経穴を指圧マッサージするのか?

意外に知っているようで知らない場合もありませんか?

 

 

甲地が主催している、この指圧マッサージ、ボディケアセミナーは

筋肉を緩める独自のテクニックを習得していきます。

 

 

 

その時に、筋肉のどこをどのように指圧マッサージをしていくか?

というポイントがテクニック習得に大きく関わるので

これから、体験講座や本セミナーに興味、参加する人は大事なポイントになります。

 

 

先ず、筋肉のどこを指圧マッサージをしていくのか?

動画を見て確認をしてみてください。

☟              ☟

筋肉のどこを指圧していくと緩みやすくなるのか?