【指圧,マッサージ,腰痛】

2次的な痛みが出る部位と評価のしかた

腰痛の指圧,マッサージ・ボディケアセミナーでは

2次的な痛みという言いかたをします。一体どういった意味なのでしょうか?

そこには、腰痛の痛みを取るヒントが多く隠されています。

 

「本コースについて詳細を教えてください」

「体験講座は何をするのですか?」

「セミナーはいつ開催されるのでしょうか?」

 

指圧,マッサージ、ボディケアセミナーについて

多くのお問い合わせとご質問を頂いております。

 

本当にありがとうございます。

 

前回の、指圧マッサージボディケアセミナーの本コースは

おかげさまで満席でした。多くの参加者が日本全国から集まって

指圧やマッサージについて。

 

リラクゼーションのボディケアでも

 

・圧の強さがどんどん強くなる方法

・施術時間内に筋肉を緩める方法

・痛みを改善させるリラクゼーション+治療

 

この3つを習得して行ったんですね。

 

「指名が増えました」

「やっとなんかが分かってきた感じがします」

「セミナーに参加してよかったです」

 

本当に多くのご意見を頂き終了しました。

参加者の皆さん、多くの事を学んだセミナーになりましたが、

甲地が伝えたいこと。

 

 

 

それは、「この手技はとても奥が深い」ということ。

奥が深いということは、手あたり次第に表面的の技術は

結果的に、クライアントやお客様の反応は薄く、

 

 

逆に、奥を見つめて深く探求していけば

これほど素晴らしい手技はないということを実感できます。

 

 

もし、あなたが今の手技に対して

不安や自信が出ない場合、甲地のセミナーはどうでしょうか?

 

 

個別の技術講習も考えている方も一緒に、甲地にお問い合わせがしたいという方は

こちらからどうぞ!

 

nao.yano@hotmail.co.jp

 

 

今日の、動画コラムは、腰痛指圧,マッサージ・ボディケアを考えます。

現場に入っていると、こんな人いません?

 

「股の所がなんか、痛いんです。。。」

 

「股の所が何か、ズンズンする感じなんです。。」

 

「足の付け根が違和感あるんです。。。」

 

腰痛における指圧・マッサージはどうすれば改善をさせることが出来るのでしょうか?

 

腰痛の指圧,マッサージで考えて行く事とは!?

 

ここでは、腰痛における指圧・マッサージの手技について考えて行きましょう。

腰痛と聞くと、私たちは先ず「腰部筋」への指圧・マッサージを考えます。

 

 

 

クライアントさんやお客様も、腰が痛いから先ずは腰を揉んでほしいですよね?

まず、あなたは腰痛における指圧・マッサージにおいては

なにわともあれ、一番先に腰部を施術することが大事です。

 

 

指圧・マッサージは、癒しや受けての満足度も

大きな技術レベルの評価対象になります。

 

 

満足度を上げる場合に考えてると、一番最初は

クライアントさん、お客様の主訴・一番やってほしい所を

一番最初に指圧やマッサージをして揉み解して行ってほしいんです。

 

 

そして、主訴の部位を揉むことに時間をかけてください。

たとえ、主訴の部位を揉んで筋肉を緩めても

腰の痛みが取れなかった場合でも、主訴を揉むことに時間をかけてください。

 

 

腰部筋を指圧・マッサージしていく時のポイント

 

腰部筋を揉むことを一番最初におこなって行き

出来るだけこの時間内に腰部筋を緩めていく事をおこなって行きます。

 

 

筋肉を緩めるテクニックは、甲地が主催しているこの、

指圧,マッサージ・ボディケアセミナーで習得していきます。

 

 

独特な方法であり、これはテクニックになります。

そのテクニックをあなたのおこなっている指圧,マッサージやボディケアの手技に

落とし込んでいくことをセミナーでおこなって行きます。

そのテクニックを使ってください。

 

そして、その筋肉弛緩法のテクニックで

できるだけ、施術の初めの方で腰部筋を弛緩させていってしまいます。

 

 

そして、腰部筋の指圧・マッサージやボディケアの手技で大事なポイントになりますが

筋肉で言うと、腰方形筋と言う筋肉になります。先ず、その筋肉を指圧して

そして腰方形筋を弛緩させていきます。

 

腰方形筋(ようほうけいきん)

起始:腸骨稜

停止:胸椎12番と腰椎1番~4番までの肋骨突起

神経:腰神経叢

作用:体幹部の側屈

 

腰方形筋を指圧・マッサージをおこないながら、筋肉弛緩法を使って行く理由ですが

深層筋と言う理由があります。あなたもご存知の通り、

筋肉と言うのは表層筋ではすぐに違和感が戻るし、深部に筋肉の硬結がある場合に

表層を緩めたとしても、まだ効果的には半減レベルですよね?

 

腰部の深層筋といったら腰方形筋です。

私たちは、指圧、マッサージという手技で深層筋を狙えます。

加えて、甲地のセミナーにおける独特なテクニックの筋肉弛緩法を使えば

深層筋である腰方形筋はグニャグニャと緩んでいくのが分かります。

 

 

腰方形筋の役目ですが、骨盤の安定を保ちます。

なので、腰方形筋が疲労して拘縮をしてしまうと、骨盤の歪みを引き起こし

そして、体幹部の側屈を阻害する原因の1つになります。

 

 

 

今日の動画レクチャーは腰痛における指圧,マッサージ・ボディケアのポイント。

コラムの内容と合わせて見て確認をしてみてください。

腰痛施術がより得意になります。

 

その施術ポイント!

腰痛を施術する時に、この動画を思い出してください!

ココが原因で、またこういったことを考えて行きましょう!

☟           ☟

 

≪ あん摩マッサージ指圧師・クイックマッサージのセラピストを対象 ≫

指圧マッサージ・ボディケアセミナー体験講座

5月 9日(水) 満席!

5月24日(木) 残席3席

5月27日(日) 残席1席のみになりました!

お申し込みはこちら

⇒ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSjxiHSm

 

【 新コース 】

甲地の指圧施術+マンツーマン講習

甲地があなたを指圧します。受けて分かることもある!

終わったらマンツーマンで技術レッスン

一気に技術を向上させたいあなたへ

(全国出張可能)

詳細はこちら!

http://youtsu-24.com/%E6%89%8B%E3%82%8F%E3%81%96%E4%BD%93%E9%A8%93%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9/